はじめての婚活♪40代で成功するための初心者マニュアル♪

はじめての婚活で緊張する・・・そんな悩みにお応えするように、アラフォー女性の私がお伝えする結婚の厳しい現実と婚活あるあるをお送りします!

婚活に悩んだら?

アラフォー女医さんが婚活に成功するために知っておきたい事とは?

投稿日:

アラフォーの婚活事情を調べていたら

『30歳で未婚の女性の半数が

10年後も未婚のまま』

というデーターがありました。

 

 

では何年も勉強をして

やっと医師の資格を取った女医さんの婚活は

どうなっているのでしょうか?

 

 

アラフォーの女医さんが30代の頃

医者になったばかりで結婚どころでは

無かったはずです。

 

 

そこで今回は

女医さんの婚活事情について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

結婚できない理由

あるデーターによると、

男性医師の生涯未婚率は2.8%、

女性医師の生涯未婚率は35.9%!!

 

つまり、女医の3人に1人は生涯未婚

ということに・・・・

 

 

では、

女医さんはなぜ結婚が難しいのか

ということについて考えていきましょう。

 

 

卒業した時の年齢

医師になるには

まず大学に入学する時点

 

一浪、二浪と何年も浪人して

入学する人もいるようです。

 

 

つまり、大学に入学した時点で

他の女性より年齢が高くなっていて

 

こから大学6年間を順調に過ごし

卒業出来た人は良いのですが

 

6年間で卒業できず留年する女性

毎年一定数いるかと思いますので

 

そうなると卒業する時の平均年齢は

かなり高くなっているということに・・・

 

 

友人の結婚式に招待されたり

友人が結婚したという話を聞くころは

 

研修医で忙しい毎日

過ごしている時期と重なります。

 

 

このように、一般の女性の結婚の

タイミングとズレてしまうのが女医さん。

 

 

周りが結婚を意識した頃

女医は仕事が忙しく

結婚について考える余裕がないということも

 

 

デートの予定が合わない

医師の仕事は、不規則でハードなため

デートなどの約束がしにくいの事実です。

 

さらに体力勝負の仕事でもあるので

休みの日は疲れてどこにも行きたくない

思う方も多く、

 

一般の人と予定が

合わせにくいということもあります。

 

 

 

 

男に頼らずに生きていける

医師は他の職業に比べて、収入が多く

生活していくのには困りません。

 

男性に経済的に頼らなくていいので

結婚の意義や必要性を感じない

ということもありますね。

 

 

 

男性から見た女医さん

では、男性は女医さんを結婚相手として

どのように見ているのでしょうか?

 

 

女医さんも医師になったばかりの頃は

慣れない事もあり

気弱だったかもしれませんが

 

働いていくうちに段々と自信もついて

強くなっていきます。

 

 

さらに職業に誇りを持ち

プライドも必然的に高くなっていくようです。

 

 

医療現場での強靭な精神が、

恋愛の場面でも出てしまい

 

男性にとっては扱いにくい女性

なってしまっているようです。

 

 

つまり女医さんは収入も多く

しっかりしたイメージがあるので

 

男性は

劣等感を持ってしまうのかもしれません。

 

では女医さんと結婚する

メリットは無いのでしょうか。

 

 

 

女医と結婚するメリット・デメリット

 

メリット

相手が医者でない場合は

男性に十分な収入がなくても

生活に困ることはありません。

 

夫に何かあった時も

経済的な不安が少なく

 

病気をした時などでも

医療知識があるので頼りになります。

 

さらに男性が開業医の場合

即戦力として働いてもらえるので

 

女医さんは男性にとって

大きなメリットでと言えますね。

 

 

 

デメリット

女医さんは多忙ということと

家に帰ってからも患者さんのことを

考えたりとすることが多く

 

家事などをきちんとする時間

無いかもしれません。

 

 

つまり、家事をきちんとこなし

自分の帰りを待ってくれている女性

望む男性であれば

 

女医さんを奥さんにすると

満足できないかもしれません。

 

 

女医さんの立場を理解でき

その分自分がカバーしてあげる

 

という気持ちがある男性でないと

女医さんとの結婚は難しいと言えます。

 

 

 

女医が結婚するには

では、女医さんが幸せな結婚をするには

どうしたら良いのか・・・

 

 

男性が集まるような所へ行く

理想的なのは

*学生時代にお付き合いしていた方

*研修医時代に知り合った方

*友人からの紹介

*趣味の会などの仲間

といったところで知り合った男性と

結婚することかと思います。

 

 

しかし、このような出会いも無く

必死で仕事をしていて

 

気付いた時には崖っぷちの年齢

なってしまっていた、

 

という方も

いるのではないでしょうか。

 

 

男性医師は職場に看護師など女性が多く

婚活の環境としては良いかもしれませんが

 

女医さんの場合は婚活の環境としては

決していいとは言えませんよね。

 

 

職場で結婚相手が見つからなければ

男性が集まるような

 

ゴルフのサークル、スポーツクラブ

といった場所に積極的に

出かけることが大切になります。

 

 >>まずは登録数№1のコチラのアプリを見てみる!

 

 

 

結婚相談所に入会

男性が集まる場所に積極的に

参加・・・と言っても

 

忙しい女医さんにとっては

時間が・・・

という方がほとんどかと思います。

 

そこで是非利用してもらいたいのが

結婚相談所です。

 

 

事前にプロフィールを見ることで

自分の理想の男性を絞れ

 

後はお互いの都合の良い時間に会って

うまくいけばそのまま結婚

ということも考えられます。

 

 

さらに、結婚相談所に登録しても

時間のある時に

 

出会いのある様なイベントに参加しながら

婚活するという方法もあります。

 

 

婚活では時間も投資の一つとして

大切になりますので

 

なるべく効率よく時間を使って

いろいろな手段で相手を探しましょう。

 

⇒よく読まれている結婚相談所ランキング記事はコチラ!

 

 

ストライクゾーンを広げる

女医さんが結婚に繋がる人と

出会う時期は

学生時代が多いと言われています。

 

 

共に同じ目標を目指して

励ましあいながら進んでいくので

 

お互いのことも

理解できる相手だと思います。

 

 

そんな時に出会った相手と

順調に進んでいけば結婚ということも

あるでしょうが

 

そんなチャンスもなく

気づいた時は結婚適齢期を過ぎて

 

婚活が難しいアラフォーとなっていた場合

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

そんな時はストライクゾーンを広げること

大切になります。

 

 

自分の理想ばかりを求めるのではなく

少し視点を変え

 

自分の仕事を理解してくれて

仕事や子育てをサポートしてくれる人

 

を理想の相手として考え婚活すると

出会いも多くなるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

女医を続けながら結婚するには

どうすれば良いのか・・・

 

それは

自分の仕事に誇りを持ちながら

女医として妻として母として

楽しい人生を送るためにも

 

 

固定観念を捨て、意識を変えていく事

必要ではないかと思います。

 

もし女医さんで、

今婚活がうまくいっていない

というのであれば

 

もう一度自分の婚活を

振り返ってみませんか?

 

 

そんな貴女にこの記事が

役立つことを願っています。

 

どうぞ素敵な出会いがありますように♪

 

 

-婚活に悩んだら?
-,

執筆者:

関連記事

婚活を諦めた結果アラフォーの末路はこうなった!?

婚活をしているアラフォーの人の中には 婚活がうまくいかずに諦めてしまった という人も少なからずいるかと思います。     そんな アラフォー婚活を諦めた人の末路は どうなっていくの …

アラフォーの結婚が難しい理由と成功する決め手とは?

  アラフォー女性の結婚は難しい と言われていますが   では ・なぜ難しいのか・・・ ・どうすれば結婚できるのか・・・   アラフォーで婚活を頑張っている方に お伝えし …

アラフォー婚活で成功した人の幸せなエピソードから勇気と秘訣を!

アラフォーで婚活を頑張っている あなた・・・   *どうすればうまく行くのか? *婚活の方法は?   などなど   色々考えてアドバイスも読んだけど 受け入れられない・・ …

アラフォーで婚活がうまくいかない人の勘違いとは!?

アラフォーで 婚活がうまくいかない原因の1つに 「勘違い」があります。     「勘違い・・・」 この事が結婚への道を 遠ざけているかもしれません。     ほ …

アラフォーで結婚。比べて分かった、子供がいるいらないの幸福度

  アラフォーで婚活となると どうしても子供のことを考えますよね。   しかし、少数ではありますが 婚活はしても   「子供はいらない だけど結婚はしたい・・・」 という …